5/13(日) 基礎講座

 こんにちは、池田です。今日は新入生向けのフォーミュラの基礎講座を受けてきました。
 関東の様々な大学の生徒がたくさん集まっていて、学生フォーミュラって熱いんだなと実感しました。基本諸元、コンセプトの立案、パッケージのレイアウトについて話を聞き、なんだか大変そうだなあと思っております。
 突然話が変わりますが、F1スペインGP決勝が楽しみですね。それではごきげんよう。

近況報告

こんにちは。3年の東です。
先週末、前年度のマシンから駆動制動部品をばらしました。これから、オーバーホールを行います。シェイクダウンに間に合うように頑張らなければなりません。また、マシニングセンタでブレーキペダルの製作の必要があります。
ところで、今年の大会では、いい宿に泊まるので、自動車部にお金を費やしている私には少し負担です。

5/10 GW明け

こんにちは。1年生の柚木です。電装班に入りました。

これまでのところ、車両の製作には関わっていませんが、学生フォーミュラに関する活動(?)を2つやっています。

1つ目は、主題科目『フォーミュラレーシングカーを作る』の受講です。ここでは、自動車の基本的な構造を学ぶことが出来ます。(しかも東京大学の正規の授業なので、単位が来ます!)

2つ目は、CADの学習です。フォーミュラレーシングカーの設計をするにあたり必要となる3DCADのソフトの使用方法を、小池さんに教えてもらっています。わからない箇所を質問できるので、一人でやるより進むのが速いです。

ここで学んだ事を車両製作に活かせるように頑張ります。

5/8 電装タスク整理

こんばんは。電装班三年の村上です。最近は少し忙しくて工房に行く機会が減っていて寂しいです。全体の流れの把握ができないとまずいので、土曜日の午後は行くと決めました。(今)
人を乗せての実験はできませんでしたがskywaveに乗せてのcvtコントローラーの試験はひと段落したので、電装班の状況報告も兼ねて少し今後のタスクを整理しようと思います。

一つ目はcvtコントローラーの基盤製作。実際に走行させられるようにしようと思います。esp32のスペックが足りない疑惑があり、少々不安でしたがセミオートの段階では問題なく変速できるようでした。
二つ目はブレーキランプの完成。表面実装型のLEDは購入したのであとは抵抗と直列に半田付けするだけです。
三つ目はハーネスの設計。大体の配置などは小池くんが決めてくれたのですが、長さなどはあまり決められてない気がするので。
四つ目はダッシュボード用の部品製作。春休みに自分が作ったものはエンジン回転数の表示だけなので、その他の情報を表示するにはコードの追加が不可欠。
五つ目はmotec関係。motecでの燃調はやったことがないので、色々早めにやりたい…あと、ラムダセンサーが指示通りに繋いでもうまく機能しないので原因究明と対策が必要。古いラムダセンサーだと値は出るので新しく買ったセンサーが壊れている可能性が大。

まだまだやることは多いですが、大会できちんと走らせることのできる物を作りたいと思っています!今晩はこの辺で。

5/7 怒涛のGW

こんにちは。3年の前田です。
工房の勝手口付近にスズメバチの巣ができてしまいました。

中央の箱からぶら下がっているあれです。
無事施設管理の方に駆除していただきましたが、工房ではネズミ・ゴキブリ・スズメバチなど、豊かな生態系が形成されているようです (汗

“5/7 怒涛のGW” の続きを読む

5/6 新入生あいさつ

はじめまして、1年生の本多です。

このたびUTFFのメンバーに加入し、活動させていただくことになりました。自己紹介をしておくと、出身は兵庫県神戸市、理科一類で、年齢は18歳、好きなクルマは、なかなか決めかねますが、E63 AMGでしょうか。

さて、本日、定例ミーティングが開かれました。平日の夜にミーティングの時間帯を変えて出席率を上げようということや、前日5/5に今年度のマシンのフレームが完成したこと、トランスミッションは、CVTを擬似的にマニュアルにしたセミオートマで果たして本当に、大会が想定する客層の「アマチュアサンデーレーサー」を呼び込めるのかということ、などさまざまな内容について議論が行われました。

(僕はまだ制作に関われるだけの資格を持ちませんが)2週間後に控えた五月祭で、マシンを自立させられるように、UTFFは精力的に活動を続けています。ありがとうございました。

5/4(日) May the force be with us!

こんばんは、小藤です。

utffでは約二週間後の五月祭での接地に向けて、各パート急ピッチで作業を進めています。僕の関わっているフレーム班でも、フレームのすり合わせがショルダー・ハーネス・バーの部分以外は全て完了し、溶接も着々と進んでいるので、今年のマシンの概形が見え始めて来ました。(たしか先日誰かが写真を投稿していたような気がします。)

あと五月祭までに僕がやらなければならないこととしては、アップライトの製作があります。これに関しては、外注するという選択肢もあったものの、2月のDMG森精機さんの研修を受けてきた経験を使わないのも勿体無いと思い、工房のマシニングセンタやワイヤ・カット機を使って自分で製作してみることにしました。時間的にはなかなか厳しそうな気がしますが、大学の技術職員の方の力も借りつつ五月祭までに前後左右4つのアップライトを製作できるよう頑張ります。

次回の僕の日記ではアップライトの製作について記事にしようと思います。それでは。

5/2 【祝】denso++;

こんにちは小池です。やる気と熱意が続かないのが問題だと意識し始めた今日このごろです。まあその話はおいといて。

先週のゴールデンウィーク前半でCVTのテスト第二弾をやりました。
といっても、先々週はモータードライバーを焼いてしまったため殆ど確認できずに終わったので、実質エンジンをかけた状態では初テストのようなものです。
スズキさんから頂いたSkywaveを以前上田さんに解体してもらったので、それのCVTモーターへの入力をハイジャックしてマイコンから出力を送ります。
やはり、エンジンをかけた状態だとCVTのプーリーにも負荷がかかることが確認されました。
そこまで問題になるほどの量ではなかったのですが、今後フルAT化に向けてはこの影響もうまく見積もって制御してやる必要がありそうです。
また、村上さんと議論して新しいアルゴリズム(仰々しいw)を実装してみたら圧倒的な安定を見せてくれ、個人的にはとても感動しました。

あと、1年生のCAD講習がスタートしました。
駒場で暇を持て余している2年生が1年生に1対1で教えています。
CADが普通に使えるようになると来年度のマシンの設計もスムーズにできるようになる上、1Aセメスターの理系の準必修科目「図形科学A」の内容の7割ほどはカバーできるので、実験が始まり忙しくなるAセメも余裕が生まれます。
少なくとも僕の担当している1年生はみんな理解が早くて、さすが東大生って感じです。
クルマへの興味も結構あって、早速ながら今後が楽しみです笑

最後に一つ。
なんと、1年生の柚木君が電装班に加わってくれました!!
マイコンとかMoTeCにも興味があるみたいで、嬉しい限りです。
電装は設計がメインのシャシー系と違ってマシンのシェイクダウン後にも改善・改良の余地が大きく、今年度もまだまだ活躍の場が残されています。
今後の彼の活躍に期待が高まります。

5/1 いよいよ先輩になりました

2年の北原です。

いつのまにか2年生になって、後輩と顔を合わせるようになって、CADを教える立場になりました。後輩と話しているとですます調とか敬語を使われるのでそのことを実感します。

アップライトの設計が終わり、ステアリングなどのCADが完成しましたが、まだ実際には形になっていないので不安ですね。実際に設計したものが本当にうまく機能するのかという。

進振りもそろそろですが、最近は機械系よりも都市・インフラ系に進もうかとも思うようになりましたが、このサークルは続けていきたいです。

4/30 さらば4月

こんばんは、加藤です。いよいよ鉄パイプの溶接が始まり今年のマシンの全体像が見えるようになってきました。接地が楽しみです。

自分の仕事としては今週は主にドラブシャフトの長さ決めを行いました。間違ってはならないところなので慎重に行いましたが実物をはめてみるまでは安心できません。

また、先日駒場キャンパスに設置していた立て看板の撤去期限が来てしまったため撤去、解体作業を行いました。駒場の立て看板が一斉になくなるのは少し寂しいですが、もう五月になりますものね。そろそろ新歓期も終わりを告げようとしているようです。ですが、UTFFでは新入部員を募集し続けていますのでいつでもどうぞ(笑)。