Generative Designは万能ではない

こんにちはB1フロントサスの小泉です

今は設計凍結に向けて着々と期限が迫っている状況です。

今年のUprightではFusion360のGenerative Designを使った設計にしようかと進めていますが、3軸加工すると高いから2軸加工で済むような設計にしたいのですが、難しい!Fusion360のオフセット拘束が試験段階でうまく出来てなく、3軸CNCのときも、エンドミルの形状が指定できなくて、苦戦しました。結局GeneDのものを見ながら手動でフライス盤で削ることになる予定に、、、

毎日シュミレーションをかけて修正して、結局Uprightに1ヶ月かけたような気が、、、

着々と期限が迫る中フロント周りの設計頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です