9/16 新歓理論とその周辺

こんにちは、チームリーダーの五十子です。

最近は工房と自宅を行き来する生活が続いております。
このコロナ情勢下で、大学で活動ができているサークル(学生団体)は片手で数えられる数しかありませんので、毎日活動できることを本当に得難いなぁと感じております。

さて、先日ついにマシンを接地させることができました。これで僕ら自身で製作する部品の75%は終わったといっていいでしょう。下の写真からはまだまだ完成まで遠いんじゃないかと思われるかもしれませんが、マシンに取り付けるパーツについてはほぼ揃えてあります。これからは一気に完成の姿へと近づいていくでしょう。今のところは10月の上旬にはシェイクダウンできるんじゃないかと思っております。お楽しみに。

この時期の大きなイベントといえば、秋新歓です。UTFFは例年秋の新歓活動に力を入れておりますが…今年は例年以上に頑張らないといけません。
今年の春新歓では、1人しか新メンバーが増えなかったのです。

こうなってしまった理由はいくつか考えられますが、恐らくコロナの流行が一番大きいでしょう。そもそも、UTFFのようなあまり学内での知名度がないサークルの新歓ではとにかくなるべく多くの新入生に興味・関心を惹きつけることが重要になってきます。そして、そのために取らないといけない作戦は大きく分けて二つあると思います。一つ目にとにかく新入生に向けてUTFFの広告をしっかりおこなうこと、そして二つ目にサークルの活動を実際に目で見せて体験させることです。一つ目はともかく、二つ目の策を取る理由にはサークルの具体的な活動のイメージを作ってもらうことにあります。例えばかの有名なRobotechについては大体の人がロボットを作ってるサークルなんだろうなぁと考えることができるでしょうが、UTFFについてはフォーミュラカーを作っていると初見でイメージできる人はなかなかいないと思います。だから自分たちの車を見せてやり、UTFFの活動へのイメージをつけてもらうことが必要になります。そうすれば、新入生の中にUTFFに興味を持つ子が自ずから出てきます。

去年は新入生が13人入った年でした。それは当時の新歓担当であった私が辣腕を振るったから上の二つの事項をキチンとやることができたからだと思っています。例えば新歓ビラは例年の2倍以上バラまきましたし、新入生が入学したてに開催されるサークルオリエンテーションではUTFFブースにおいて「爆音シミュレーター」を設置したりしたため注目を集めることができました。
また、その当時マシンはある程度形になっており、自分たちの製作物を新入生に見せて「学生がクルマを作るのか!スゲェ!」と思ってもらえたのも良かったかと思います。

しかし、コロナ下ではこの状況が一変してしまいました。そもそも学生はキャンパスに入れなくなってしまいますので、自分たちの活動を見せてやることは難しくなってしまいます。(しかもマシンの製作も間に合わなくなる)
また、広告方法もオンラインに限られてしまいますので新入生への認知機会も減ってしまいます。さらにUTFFはどちらかというとオフラインでの広告の方が強かったことも今年新入生への認知度が減ってしまったことへの原因でしょう。
このように広告方法が制限されてしまいますと、学外での知名度が高いサークルはかなり有利に働きます。NHKロボコンなどで元々知られているRobotechが数十人の新入生をコロナ下でも確保していることを見れば明白です。

…ここまではなぜ春にメンバーを確保できなかったかを書き連ねてきましたが、これから私たちがどうするべきかを考えていきましょう。この秋新歓では、主に二つの作戦で攻めていこうと考えています。

まず一つ目に、オンラインでの広告機会を増やすことです。まだまだコロナ下でオフラインでの広報活動がなかなかできない以上、これはやって当然のことであります。東大では学生が主催し、複数サークルが参加する秋のオンライン合同説明会が数多く開催される予定ですが、UTFFはそこでたくさん活動の宣伝を行う予定です。
二つ目には、今のUTFFが持つ強みを最大限に活かすことです。UTFFには他のサークルが持っていない圧倒的強みが一つあります。それは”大学内で実際に活動をしている”ことです。冒頭でも書きまいたが、そのような団体は5個あるかないかのレベルです。今の新入生はSセメスター、夏休みと大学に入ることもできずに鬱憤がたまる生活を送っております。そんな中で実際に大学内で活動ができるのは非常に魅力的に思えるはずです。また、私たちも興味を持ってくれた新入生に活動の様子を実際に見せてやることもできます。そうすれば、さらに興味を引き立たせることもできるでしょう。

この秋の新歓にUTFFの未来がかかっているとでも過言ではないでしょう。最低でも5人、できれば10人集める意気込みで頑張っていけたらと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です