8/28 メンタルが大貧民

こんばんは、B4の本多です。チームが新体制に変わり、大会の静的審査もコストを残すのみとなりました。今年度は3つのどの審査も入念に準備を進めており、再発足以来最も完成度が高い内容に仕上がっていると思います。これは、B3を中心として、優秀で意欲のある人材が育っていること、そしてチームがいきいきと活動できる基盤が完成していることの表れだと思います。

私にとっての今夏のハイライトは、(残念なことに)大会ではなく院試勉強です。コロナの無い例年であれば、院試の口述試験が終わった後に大会会場のエコパに滑り込むというプレーもできたのですが、まして動的種目も中止となった今年は叶いませんでした。

機械工学専攻の院試勉強は、自宅と工房で半々くらいの割合でやっていますが、後半は毎日工房に来ています。そうした中できのう、1年生と3年生が、工房にて親睦を深める目的でトランプの大富豪をやっていました(もちろんマスクをしたうえで互いに距離は取っています)。意外なことに、昨日まじめな内容の日記を書いていた細見くんたっての希望らしく、彼は負けたのか全力で悔しがっていましたし、フォーミュラにかけるのと同じくらいの情熱を注いで参加していたと思います。私は参加せずに勉強していたので詳しい展開は知らないのですが、楽しそうにしている後輩との温度差で、めちゃくちゃ辛かったです。

院試が終わる(筆記は8/31)までもう少しです。無事に志望の研究室に合格していい報告ができたら、私も大富豪に入れてください。お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です