7/24 ヒヤリハット

本多です。ビジネスロジックケースはとうの前に書き上げ、残すところプレゼンのスライドと、原稿の作成です。夏休みの宿題になりますね。

日曜日に、前田さんのご指導のもと、旋盤でジグを作りました。

アルミの1本の太いパイプから、図面に従って削り出していくという作業は、単純ながら、何回にも分けて削らないといけないため、時間がかかりました。

事故は起こりました。旋盤での加工中、速めに部材を送っていたためか、刃が部材に持っていかれてバシコーンッ!といってしまいました。幸い、部材は飛んだものの旋盤は壊れず、僕にもケガはありませんでした。部材はボコボコになったわけですが、残っていた工程で、損傷の多い箇所を選んで削り、最初的には問題ない品質のものができました。

機械加工にかけては危険と隣り合わせです。「ヒヤリ」「ハット」の経験をして、細心の注意で取り組まなければいけないのだと、改めて痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です