多大なる影響と状況への対応

おはようございます、新2年の松岡です。

弊チームも2週間以上前より工房での作業を休止しており、私は在宅作業になったのをこれ幸いにと色々な事にいそしんでおります。やり残した諸々を考えると再開時の有様もとい惨事が目に見えそうではありますが、とりあえずは目をつぶり目先の事に注力していきたいと思います。

いよいよ新年度新学期の開始が近づいて来ておりますが、大学ではオンライン授業を実施するため準備期間を設けたということもあり本格的な授業開始は少し先のことになりそうです。

個人的にイロイロとツケが溜まっており新学期はやらなければならないことも多いのですが、4月に入ってから大量の授業が不開講になることが明らかになったりと開始前からあまりのんびりさせてくれなさそうな状態であります。昨年に行った選択を後悔しないためにも踏ん張っていこうと思います。

学業的な影響だけでなく新歓などの活動に大きく関わる部分への影響などもありますが、活動が再開できるような状態になった時を十全の状態で迎えられるようにしていきたいと思います。

最近見た映画で見た格言をもじって言えば、”汝成果を欲さば、機会への備えをせよ。”みたいな感じですかね。ともかく頑張ってまいりたいと思います。

4/1 Twitterいいね欄に身内しかいない

こんにちは、新3年生の本多です。
ぼくが入学してきたとき、UTFFの新歓食事会でぼくを勧誘してくださった当時3年生、(現在新M1/新卒社会人)のみなさんと同じ立場になったのだと思うと時間の流れを感じて恐ろしい気もします。ぼくは、3年生らしく教養や経験を身につけているのだろうか、などと思います。
春休みはUTFFにてボディーワークを製作し、並行して研究室インターン、入試研究会(兼サー)の仕事などをやっていました。要するにほぼ在宅なので、大きく予定が狂うことはなかったと思います。
さて、現在UTFFは対面ではなくオンラインでSNSやzoomを使って新歓を行っているわけですが、Twitterにいいねしているアカウントを見てみると、同じUTFFメンバーか、他大学さんの学生フォーミュラのアカウントなど、とにかく新入生らしきアカウントがいいねした痕跡がありません!これではいくらSNSで活動しても、身内でわいわいして終わってしまうのではないでしょうか 笑。
とはいえ、新入生向けのサークル紹介冊子に掲載してもらったり、立て看板やビラも作ったので手は尽くしているというところですね。
授業が始まってしまうのはゆううつですが、Sセメもがんばっていきます。

3/31 春休み

お久しぶりです。新2年の細見です。
春休みが終わりますが2月の初めに製作を本格的にスタートさせたのがだいぶ昔のように感じます。その間に同期が楽々溶接をこなすようになっているのをみると溶接練習をすると言っておきながら結局一回しかしなかった自分の怠惰を感じますね。

春休みの最初にこの頃のコロナウイルスの状況は全く予想できませんでした。春休みの予定がどれほどコロナウイルスの為に中止変更になったかわかりません。今はひたすら家にいることを心がけ、状況が改善されることをただ願っています。

3/30

こんにちは。B2の根本です。

東大工学部のプログラムに参加しオーストラリアに4週間滞在していましたが、2週間ほど前に日本に帰ってきました。新型コロナウイルス の影響で航空機の便が減って心配していましたが、日本に帰るのに予定していた便は変更がなかったため無事に戻ってこられました。

オーストラリアではでは大学の授業や課外活動に参加していましたが、コロナウイルス の影響で一部の授業が中止や映像授業になってしまい少々残念でした。現在ではさらに対策を強化しているようで、全ての授業がremoteで行われているようです。

東大でも4月からは多くの授業がオンラインになることが予定されています。課外活動も現在禁止されており大変な状況ですが、今できることをやっていきたいと思います。

ドライバー

お久しぶりです。B1の清水です。

学生フォーミュラにおいて欠かせない存在、ドライバー。製作段階からセッティング、本番での走行と様々な場面で必要とされます。チームのメンバーが作ってくれたマシンをより良くするため、そして本番で彼らの努力を無駄にしないため、ドライバーにはスキルが求められます。

そんなドライバーを志望していた僕ですが、先日クイック羽生でのカート走行において同期にぼろ負けしてしまいました。本当にきれいに抜かれたし全く追いつけなかったし…反省しきりです。コース取りが悪かったようなのですがさっぱり分からず…前回行ったときは圧勝だった気がするんだけどなあ…

同期が成長している中で胡坐をかいていてはいけない(むしろ正座して反省しなきゃかも)ということが良く分かりました。ただスピード域の高いフォーミュラならまだまだ分かりませんから…!皆さんのお役に立てるように心を入れ替えて精進していこうと思います。そしていろいろな人からのアドバイスにもっと耳を傾けていきたいと思います!!

3/18 新歓

こんにちは。B1の鈴木です。
フレーム完成から休む間もなくボディーワークの作業やサスペンションの手伝いに奔走しており、機械油と鉄粉と樹脂にまみれた生活を送っています。

気が付けば春休みも終わりが近づき、新入生が入る日も近づいてきました。
例の新型コロナウイルス感染症の影響で、入学式やオリエンテーション合宿の中止が決まり、今年の新入生は少し気の毒だなと感じています。
新歓イベントも例外ではなく、テント列の中止やサークルオリエンテーションの縮小などが予定され、どのサークルも厳しい新歓活動を強いられています。
私も(名ばかりとはいえ)新歓担当として、いかにUTFFの広報・新歓を行っていくか頭を悩ませています。とりあえず明日(というか今日)は駒場で立て看板の製作を行います。
新入生をいっぱい入れて完全週休二日制を導入することが私の夢なので、どうにか頑張っていきたいと思います。

なんか個人的な話でもしようかと思ったのですが眠いので寝ます。皆さんも睡眠をしっかりとって免疫力を高め、新型コロナウイルス感染症と闘っていきましょう(適当)

世界の屋根のてっぺんを望む

ネパールよりこんにちは、電装の小池です。実は今、12日間に渡るエベレスト・ベースキャンプ・トレックの最中です。標高3,710 mの小さな村Debocheから書いています。昨日までは4日間5,000 m付近にいたので、ここはとても体に優しいです笑  明後日にはLuklaに戻れる予定です。そこからプロペラ機でカトマンズまで行き、帰国は3月下旬になります。

折角なので、何枚か写真を。 “世界の屋根のてっぺんを望む” の続きを読む

3/11 4年の歳月

お久しぶりです。

修士1年生の岡崎です。

卒論の関係であまり関われていませんでしたが、無事卒論を提出し卒業&進学が確定したので老害なりにチームをサポートしていこうと思います。

それにしても今年はマシン製作が非常に早く驚きです。

入学したときに放置してあった未完成のフレームから、5人程度でUTFF16を作ってた頃とはチームの規模も管理体制も格が違います。

チームを復活させた当初の目標の一つであった「毎年クルマを作って大会に出すサイクルを回す」という事は概ね達成されたのかもしれません。

あと2年間このチームがどこまで発展できるかを見届けるのが楽しみです。

 

3/1 製作

大変更新が遅くなってしまい申し訳ありません。UTFF1年の海老原です。

早いもので春休みも約半分終わってしまいました。毎日製作に汗を流す日々で時間をあっという間に感じてしまいます。五十子さん曰くここからが本当に大変らしいので心して製作に取り組んでいきたいと思います。

2/10 春は労働、ようよう短くなりゆく睡眠

どうもこんにちは、二年の五十子です。

なんと私が10日ほど更新を止めてしまっていました。

実は機械系のテストが2月からスタートということでなかなか忙しくて更新できなかったわけです。テスト終わってからも製作の方で時間を取られずるずると延ばしていたわけですが

機械系の二年はペーパーテストが14個あり、ひとつひとつがなかなかに分量があります。ただ、最後の授業からテストまで約3週間と長い時間があるために
如何に計画を立てて勉強をするかが鍵になるわけです。私はうまく計画を立てて実行するのが好きなタイプなのでなんとかテストを凌ぐことができました。
しかしプラニングを間違えてしまった学科同期も結構いたらしく、死体の山ができあがったテストもあったようです。いとわびし。

さて、ついにUTFFも製作がスタートしました。ここから行わなければならない作業量はまさしく膨大です。しっかりとした作業計画が求められます。現状は皆さん士気も高く、おおむね順調にすすんでいますが、どこかで遅れ始めることがあるかもしれません。一度計画がくるってしまうと、そこからはどんどん乱れ、しまいには睡眠という概念が存在しなくなってしまいます。そのような有様では組織など簡単に崩壊してしまうでしょう。私としてはそうならないよう、全体を俯瞰してやっていきたいものです。