UTFF19 大会成績のご報告

この度、8/24~31にオンラインで開催されました第十九回学生フォーミュラ日本大会の成績が発表されましたのでご報告いたします。

プレゼン審査:3位 71.77 / 75
デザイン審査:32位 69.00 / 150
コスト審査:9位 47.29 / 100

総合結果:10位 188.06 / 325


受賞
プレゼンテーション賞 (3位)
日本自動車工業会会長賞 (静的審査書類遅延ペナルティなし)

新型コロナウイルス感染の拡大を受け大会では動的審査が中止となり、オンライン上での静的審査のみ実施という形となりましたが、チーム再発足後の最高成績を獲得することができました。

公式に結果を示すことはできませんでしたが、昨年11月にUTFF19をシェイクダウンし、多くの試走を重ねることで多くの知見を得ることもできました。この1年を通じマシンを走らせ、改良していくというプロセスを学ぶことができたのは今後のチームにおいて大きな財産になると思います。今年度学んだことを活かし、次回大会ではより磨きをかけたマシンを作り、動的審査も含め、より良い結果を残せるよう邁進してまいります。

このような成績を納めることができたのは、この厳しい情勢にも関わらず変わらずご支援いただいた皆様のおかげでございます。日頃ご支援いただいているスポンサーの皆様、OB・OGの皆様、大学関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。

来年の大会では、さらに強くなった姿をお見せしたいと思います。
今後とも引き続き暖かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です