エコパ試走会

こんにちは。

カウルパートリーダー・ドライバーの2年小林です。

現在フランスに留学中のドライバー、菅野さんの真似をして写真をパシャパシャ撮っていたら、堀口さんに今回のデイレポ係に任命されてしまいました。

3月8日にエコパにて試走会が行われ、私たちを含め約10校が参加しました。
前回のテスト走行と同様の、マシンに加えた修正によってどのような変化が生まれるかなどのテーマに加え、他チームも複数参加する試走会において自分たちの立ち位置を確認すること、ドライバーの練習などが今回の目的でした。

果たしてその目的は果たされたのでしょうか…

まずは午前、スキッドパッド・アクセラレーションの練習だった予定が、午後と同じく昨年のコースの周回走行となります。

僕はコース走れる方が楽しいのでうれしい。

風が強くパイロンが動いてしまうので、石灰のラインとスラロームのパイロンのみのコースとなりました。

暖機運転をしますが、ここで水ラインの漏れが発生。ほどなく直されます。

他は特に問題もなく、コースへと繰り出します。

ほぼ初めての周回走行でやや緊張しましたが無難に走り、インスタレーションラップの後、5周の1スティントを消化します。

ドライバー目線から一枚。

しかしスティントの最後の方でブレーキを踏んだ際に異音がするようになりました。

もう一度コースに入って走行するも異音がやはりするので、すぐにピットに戻ってブレーキディスク・キャリパーをチェックします。

特に異常は見られず、挟まっていた小石を取り除いたり、マスターシリンダーの予圧を緩めたりなどしてとりあえず対処します。

お昼休み。

松元さんvs依田さんの早ワイヤリング競争。

一番早かったのは多分下村さんでした。

再びコースへ。

第2スティントは攻めて走ってみる。スピンしかけたり、コーナーを曲がり切れなかったり。パイロンがあったらいくつ蹴っ飛ばしていたやら…

ブレーキは異音がする時としない時が。

第3スティントは実際のエンデュランスをイメージして、コースからはみ出さないように丁寧に走ってみる。

タイムは安定して少し良くなりました。ブレーキの異音はほとんどなし。

この後ドライバーを下村さんに交代して、さらに2スティントをこなします。ブレーキは問題なし。

結果、今回エコパで約30周ほど周回走行をすることができました。

冒頭に挙げた目的は大体果たすことができたと思います。

ブレーキの問題は未解決で気になるところですが、今後ばらして原因を探りたいと思います。

上位勢とはまだ1周10秒の差がありますが、マシンもドライバーも改善の余地はたくさんあるので、前向きに努力していきたいです。

また、試走会の後、ヤマテ工業の川様にお好み焼きを御馳走になり、お家にも泊めていただきました。

本当にありがとうございました。

それにしても無事走り込むことができたテスト走行の後はいい気分だなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です