久々のテスト走行

こんにちは!

テクニカルディレクターの依田です。

最近、堀口が「デイレポ書けよ〜」とプレッシャーをかけてくるので久々に投稿します。

今年の冬は寒いですね・・・。雪も多い。

私たちも、テスト走行の予定を立てる度に雪に阻まれる、というのがここ最近続いていました。

そんな私たちも、数回の延期を経て、ようやく先週の2月28日に約3か月ぶりのテスト走行を行うことができました。

今回のメインのテスト項目は、堀口が新調してくれたステアコラムと、小林が提案してくれたキャスター角の修正によって、ドライバビリティは如何に向上するか、という点です。

ところがエースドライバーの小林は試験期間。

更に去年のエンデュラドライバーの良本は卒業間近。

そんなわけで、チームリーダーとして事務作業を捌く傍ら溶接職人としても活躍する下村が、一日中交代無しで走行するという殺人的スケジュールをこなしてくれました。

午前中はジムカーナ広場でひたすら旋回性とフィーリングのテストを行い、

午後は周回コースでタイム計測。

テスト走行は怖いくらいに順調に進み、珍しくノートラブルで帰れるかも、と期待されたのですが・・・

走行を重ねるうちに、下村が「ステアが妙に重い」と訴えるようになりました。

どうやら、組み立ての際に、私がラックギヤ延長部を傷つけてしまったせいでステアリングブッシュとの摺動が悪くなっていたようです。ううっ・・・

後日、問題の部品を堀口が早速再製作してくれました。神精度!

今週末のエコパ試走会は無事に走りこめますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です