第11大会結果報告

チームを応援してくださっている皆様

お世話になっております。

UTFF14チームリーダーの良本です。

先週、第11回学生フォーミュラ大会が終了しました。

UTFFとしては2年ぶりに出場した大会の結果は、

残念ながら、エンデュランス競技で途中リタイヤ、総合順位54位となりました。

エンデュランス競技については、

スキパ・アクセラに出走出来なかったトラブルは3日目に解決し、

4日目は、出走までは大きな問題もなく、準備を進めました。

競技には、一人目のドライバーとして、私が出走しました。

エンデュランス走行時、車両挙動が直前までの練習走行とは異なり、

コースアウトを繰り返してしまい、走行途中にチェックが入るような状況でしたが、

なんとか10周を走行して、ドライバー交代まで進めましたが、

ドライバー交代中の車検で、プロペラシャフトのナットの緩みにより、リタイヤとなってしまいました。

このような結果になってしまったことは、誠に申し訳なく思っております。

後日、詳細な報告をさせて頂きたく思っております。

現状の車両は、他大学とのタイム比較はおろか、十分な走行時間をとれておらず、

予定していた部品も完成が間に合っておりません。

次期車両につなげるためにも、まずは、現在の車両の開発を続ける必要があると思っております。

また、今週から、

工学部機械工学科3年の下村勇貴がチームリーダーを、

工学部機械情報工学科3年の依田聡がテクニカルディレクターを務めております。

今後は彼らが中心となって、チームを動かしてまいります。

今後ともUTFFを見守っていって頂ければ幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

2年間支えて下さいまして、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です