フレーム製作と純正エンジン始動!

みなさんこんにちは、エンジン班2年の菅野恵太です!

まずはわれらがエンジンの話から。先日エンジンベンチにて、MoTeCをECUとして純正エンジンを始動することができました。排気は急ごしらえ、吸気は純正のまま、排気量もボアダウンはこれからと課題の多い状態ではありますが、これからもシェイクダウンに向け活動してまいります。

フレーム製作経過は続きからどうぞ!

フレームは溶接作業真っ最中です。光ってるとこから何か出てきそうですね。かぐや姫とか。これだけの眩しさを防げる溶接面なら、日食のとき活躍したのもうなずける話です。

こちらはフロントボックスです。定盤に治具で固定し、設計通りの寸法になるように拘束しながら溶接を進めていきます。

こんなところで溶接してます。後ろに映ってるのはUTFF12、そしてその後ろはEVに生まれ変わって使われていた優勝車UTFF10です。UTFF14がここに並ぶのはいつになるでしょうか。そういえば現実問題12と10どっちが追い出されるのでしょうね。

Facebook – the University of Tokyo Formula Factory

最後にご紹介です。UTFFではFacebookページを開設し少しずつ更新を進めています。特に過去大会の写真が充実していますので、ぜひご覧ください。

ではでは、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です