クラッチの重さの測り方

お久しぶりです.

電装班1年の竹内です.

現在電動クラッチプロジェクトを進めているのですが,それに先立ってクラッチの重さを量ってみました.
だが果たしてクラッチワイヤーの先をどうやって引っ張るか?

それはですね……

ずばり「水の入ったバケツを無理やりワイヤーにくっ付ける」という,甚だ頭の悪い方法です.

あまりに無理やりにやったので,ワイヤー周辺はシャコ万力の山です.

そしてバケツにどんどん水を入れていきます.

2リットルずつ入れたので,2kg単位で測ったことになります.

その結果……

20kgでもクラッチは切れませんでした.

写真は工房のおいしい水20リットルで満たされたバケツです.

なんか茶色く濁ってますね.なぜでしょう?

バケツの容量が限界だったので,クラッチを切るには20kg以上の力がいるとしか分かりませんでした.

しかし,クラッチが切れた状態で20kg力を加えたとき,クラッチは切れっぱなしだったので,40kgあれば十分だろうという結論に達しました.

今後はそれを考慮したうえで設計していこうと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です