大会3日目!

こんばんはー。

本日の動きを報告します!

【大会3日目】

動的審査が始まった3日目。

今日の午前中は前日までに車検を通った40校が一斉にスキッドパッドとアクセラに向かいます。

混雑を避けて規定の周回をこなさなければいけないと同時に、路面温度の高い走行に適した条件の中で走ることを目指します。

前日プラクティスで練習をした良本と菅野がアクセラとスキッドパッドを担当します。

まずは圧倒的タイムの安定感のある良本がアクセラとスキパを走ります。

昨年のウェットコンディションとは違い、天気は晴れ。

まずは8:00のコースオープンと同時に暖機をした後、アクセラでタイムを出します。

1回目は5.14、2回目は5.32となりました。

他大学と比べタイムが低いのは、エンジンの馬力自体にまだ開発の余地があるからでしょう。

続いて、スキパに並びます。

列には9校以上が並び、上位校も多々含まれています。

1回目のタイムは→回りが5.37、左回りが5.33と圧倒的安定したタイムを叩き出しました。

しかし、パイロンを1個跳ねてしまったので0.25秒加算されてしまいました。

次の2回目の走行はエンジンが始動せずDNFとなってしまいました。

なにはともあれ一定のタイムを出してくれたことにより次の菅野は躊躇なく攻めることができたでしょう。

エンジン始動の問題はピットでバッテリーを再充電することにより解決の見通しが立ちました。

皆の期待を背負った菅野のアクセラは4.95の東大ベストタイムとなりました。

続いてのスキパはコースクローズの12:00ぎりぎりになってしまいましたが、なんとかうまく滑り込めました。

1回目のアタックは、レーサー菅野の闘志あふれる走りによりパイロンを10個倒してしまったのでタイム更新ならず。

2回目のアタックは、1回目のアタックを参考にクレバーな走りを見せベストタイムを更新!

average5.14をマークし、スキパ順位7位を獲得しました!

昼食を経てのオートクロス。

コースウォークをしての感想としては、なにぶんコーナーが多い。

特に途中で旋回半径が変わる回りこむコーナーが多いです。

ひっきりなしにステアリングを切る必要があるので大変です。

オートクロスの並びには2番目に並ぶことができましたが、またまたエンジンが始動できなくなってしまいました。

ピットに戻り、再度チェック。

トラブルシューティングを繰り返して走行の見通しがついた時間は、オートクロスクローズの15分前。

タイムを残すことができ、全種目完走の目標達成に近づくことができました。

明日は最後のエンデュロ!(20km耐久走行)

明日は午後の昼下がりからエンデュロです。

詳細な時間は直前でしかわかりませんが、悔いのないよう頑張ります(・∀・)

おまけ

@計測隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です