正しいフレーム塗装法(初級者編)

松元です

昨日の良本のデイリーリポートでは「今日の作業終了までには黒く塗られたフレームが鎮座しているはずです。」とありました。

結果は如何に?

写真はさかのぼって塗装の数日前。

この先には何が待っているのでしょうか。

ドアを開けてみるとそこには・・・?

つい2日前までは富士にいたマシンが、既に丸裸じゃないか!

テーブルにはばらされた部品たちが。

これから、フレーム塗装が開始します。

これから塗装しようという皆さんも、もう塗装したという皆さんも、参考にしてください。

正しいフレーム塗装法、初級者編です。

まずは、塗装ブースを設置します。

大量のごみ袋と段ボールで、周りに被害が及ばないように気をつけます。

完全に密閉されました。

これで完成です。

そして、いつの間にか塗装は終わります。

おお、黒い!

黒いじゃないか!すごい黒いぞ!

塗装が終わったら乾かします。

翌日、乾いたフレームはどうなっているのかな?

おお、黒い!

ラッカーってこんなにきれいにできるんですね。

よっし、カウルもラッカーで塗装しようぜ!

以上、正しいフレーム塗装法(初級者編)でした。

1つの例として、みなさん参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です